Go to main content.

プレスリリース

10月10日は目の愛護デー 「アルコンのTHE花火大会」を 同日夜、千葉県北西部で開催

Print

デジタルデバイスから目を休める合図として20分毎に花火を打ち上げ

アイケアのリーディングカンパニーである日本アルコン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:リック・コズロスキー、以下「日本アルコン」)は、10月10日の「目の愛護デー」にちなみ、同日夜に「アルコンのTHE 花火大会」を千葉県北西部 某所で開催します。目を休める合図として花火を20分毎に3回夜空に打ち上げます。近隣住民の方に自宅から花火を楽しんでいただきながら、デジタルデバイスで疲れた目を休めるきっかけを作るために企画したイベントです。

コロナ禍で自粛生活が長引く中、私たちの生活は一変し、家の中で過ごすことが多くなりました。デジタルデバイスやデジタルコンテンツのおかげで生活が潤う一方で、長時間利用による眼精疲労や視力低下など、さまざまな目の健康への影響が問題となっています。特に最近では、子どもの視力低下が問題になっており、裸眼視力1.0未満の割合は小学生の34.57%、中学生の57.47%、高校生の67.64%(すべて令和元年)と過去最多を記録しています*。

イベント事や旅行などが思うようにできない昨今、遠くを見ることや、緑豊かな景色などを見る機会が少なくなりました。遠くを見て目を休めるきっかけとして、秋の夜長に大空に打ち上がる花火をご自宅からお楽しみください。

なお、天候などの理由により当日開催できない場合は、世界視力デー(World Sight Day)である10月14日(木)に延期開催する予定です。

<アルコンのTHE花火大会 概要>



日時
2021年10月10日(日)夜
※天候などの理由により、当日やむを得ず実施できない場合は、10月14日(木)(世界視力デー)に延期します。延期する場合のみ、当日午後、日本アルコン公式ウェブサイトにてご案内します
※20分ごとに合計3回花火を打ち上げます
場所 千葉県北西部 某所
監修 松村 真宏 先生(国立大学法人大阪大学大学院経済学研究科 教授、仕掛学者)
公式サイト www.alcon.co.jp/

※密集を防ぐため、花火の打ち上げ場所や時間の詳細情報は公開しておりません。
近隣の方にご自宅からお楽しみいただくことを意図しています
※お住まいのエリアやご自宅の方向によって、花火が見えない場合があります。
 後日ホームページにて花火の様子を掲載予定です。ぜひご覧ください

References

* 文部科学省「令和2年度学校保健統計調査の公表について」
https://www.mext.go.jp/content/20210728-mxt_chousa01-000013187_1.pdf

About Alcon

アルコンは、人々に素晴らしい視界がもたらされるよう貢献します。アイケアのグローバルリーダーであるアルコンは世界で75年以上、最も広範な製品を提供し、より良い視界・視力と人々の生活の質の向上に寄与してきました。当社のサージカル製品とビジョンケア製品は、世界中140カ国で、年間合計2億6千万人以上もの白内障、緑内障、網膜疾患や屈折異常に悩む人々の治療に役立てられています。世界で約2万3,000人以上の従業員が、革新的な製品、アイケア専門家とのパートナーシップ、質の高い眼科治療へのアクセスを高めるためのプログラムを通じて、人々の生活の質の向上に努めています。アルコンの日本法人である日本アルコンは、1973年の設立以来45年以上にわたり、日本のお客様や患者様にアイケア製品を提供してきました。詳細はwww.alcon.co.jpをご覧ください。