Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

プレスリリース

オンライントーリックIOLカリキュレーターを最新化

Print

オンライントーリック IOL カリキュレーターの最新化を図り、乱視を伴う白内障手術において術後残余乱視を最小化

  • 最新化されたオンラインカリキュレーターのユーザーインターフェイスは、眼科医が手術計画をより簡単に行えるように設計
  • 予測術後残余乱視を計算する上で優れたBarrett 計算式を採用1,2
  • 白内障手術を受ける患者さんの50%以上が、0.75 D 以上の角膜乱視を伴っており、乱視矯正をせずに手術をおこなった場合、術後の視力回復に限界が生じる3

オンラインカリ キュレーターURL: http://www.acrysoftoriccalculator.com/ 

プレスリリース:オンライントーリックIOLカリキュレーターを最新化 (PDF 315.04 KB)

References

  1. Abulafia A, Barrett GD, Kleinmann G, et al. Prediction of refractive outcome with toric intraocular lens implants. J Cataract Refract Surg. 2015;41(5):936-944.
  2. Abulafia A, Hill WE, Franchina M, Barrett GD. Comparison of methods to predict residual astigmatism after intraocular lens implantation. J Refract Surg. 2015;31(10):699-707.
  3. Ferrer-Blasco 2009 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19101427