Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

プレスリリース

日本初の術中診断ツール「ORA™System」4月15日発売 白内障治療の眼内レンズ挿入術において、より精度の高い手術をサポート

Print

~最適なレンズ度数と固定位置をリアルタイムで提案し、患者満足度をさらに高める~

日本アルコン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: ジム・マーフィー、以下「アルコン」)は、白内障手術で使用されるORA術中波面収差解析装置(ORA System、以下「ORAシステム」)を 4月15日(金)より販売いたします。

この製品は、屈折情報を術中リアルタイムに提供できる日本初の装置で、医師のより精度の高い手術をサポートします。
ORAシステムは、白内障治療における眼内レンズ(以下「IOL」)の挿入術時に使用される術中診断ツールで、現在、世界540の施設に設置され、40万以上の症例実績を有しています。医師は、術中リアルタイムで患者さんの屈折情報が把握できるため、より最適なIOL度数および固定位置が選択でき、見え方に対する患者満足度をさらに高めることが期待できます。

IOL挿入術では、術前診断してレンズ度数や固定位置を事前に設定しますが、切開や水晶体除去などをすることで目の状態が変化するため、設定した度数や固定位置に誤差が生じることがあります。特に多焦点および乱視用のIOL移植においては、僅かな差が結果に影響を及ぼす可能性があるため、より正確なデータを使用することが望まれています。

 

プレスリリース:日本初の術中診断ツール「ORA System」4月15日発売 (PDF 543.98 KB)