Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

プレスリリース

「日本の失明原因第一位は緑内障」約8割が知らず 緑内障発見のきっかけ自覚症状はわずか2割

Print

6月7日は「緑内障を考える日」 「緑内障に関する意識調査」結果発表

日本アルコン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: ジム・マーフィー)は、6月7日の「緑内障を考える日」を前に、緑内障に関する意識調査を実施しました。今回の調査は、全国の40歳以上の男女計360人を対象に、「一般層」、「緑内障の疑いがある層」、「緑内障患者層」の各グループの、本疾患に関する“知識”、“受診行動”、“治療”の実態を調査したものです。

緑内障は現在、日本での中途失明原因の第1位(注1) であり、40歳以上の20人に1人の割合で発症 しています(注2)。しかしながら、今回の調査では、「緑内障が日本での失明原因の第一位である」という事実を、一般層の約8割(79.2%)が知らないという事実が浮き彫りになりました。

また、緑内障について「まったく知らなかった」または「名前のみ知っていた」と回答した一般層は約4割(39.2%)に達し、本疾患に関する理解度を尋ねる質問においても「点眼治療は、一生涯続ける必要がある」(13.3%)、「日本人は、眼圧が正常でも緑内障になる人が多い」(9.2%)と一般層における緑内障に対する関心の低さがうかがえ、本疾患に対するさらなる理解促進の必要性があらわになりました。

また、現在緑内障と診断され治療を受けている患者のうち、自覚症状があって能動的に眼科を受診した人はわずか2割。緑内障診断の主なきっかけは「定期健康診断」(50.8%)、「別の目の病気で通院していた」(17.5%)であり、自分では自覚しづらい疾患であることから、定期検診や眼科受診が 緑内障の早期発見に重要な役割を果たしていることが分かります。

 

調査結果の詳細をPDFで見る (781KB)