Go to main content.

お知らせ

公正取引委員会から認定を受けた排除確保措置計画に基づくお知らせ


当社は、公正取引委員会から独占禁止法に違反する疑いがある旨の通知書を受領したことから、当該疑いの理由となった以下の1⑴及び⑵に記載の行為が排除されたことを確保するために必要な措置に関する計画を作成し、公正取引委員会に当該計画の認定の申請を行ったところ、令和3年3月26日付けで、公正取引委員会から認定を受けました。

当社は、認定を受けた排除確保措置計画に基づき、令和3年3月29日開催の取締役会において、次の事項を決議したことをお知らせします。
1 下記⑴及び⑵の行為を既に行っていないことを確認すること。   

  1. 自社の一日使い捨てコンタクトレンズ、二週間頻回交換コンタクトレンズ及び一か月定期交換コンタクトレンズ(以下「自社の一日使い捨てコンタクトレンズ等」という。)の販売に関し、小売業者に対して、広告への販売価格の表示を行わないように要請すること。  
  2. 自社の一日使い捨てコンタクトレンズ等の販売に関し、小売業者に対して、医師の処方を受けた者にインターネットによる販売を行わないように要請すること。
 ※上記⑵の「医師の処方を受けた者」とは、医療機関を受診して、コンタクトレンズの製品名、規格、有効期間等が記載された指示書の交付を受けた者を指す。
2 前記1⑴及び⑵の行為と同様の行為を行わないこととし、この措置を今後3年間実施すること。

なお、公正取引委員会による当該計画の認定は、当社が独占禁止法に違反したことを示すものではありません。

当社は、高度管理医療機器であるコンタクトレンズを取り扱う責任ある企業として、今回認定を受けた当該計画を確実に実行し、コンプライアンスを徹底し、より一層、装用者の皆様の目の健康と安全性の確保に努めてまいります。

令和3年3月30日

日本アルコン株式会社

代表取締役社長 リチャード・コズロスキー