Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

緑内障

失明原因 | 原因 | 見え方 | 種類 | 検査 | 治療 | 定期検査


 

緑内障は失明原因第一位

緑内障は、目の圧力で視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気で現在、病気による失明(中途失明)の原因は緑内障が第1位といわれており、全体の約4分の1を占めています。
有病率は年齢と共に増加していき、調査では40歳以上の成人の約5%、20人に1人*1 が緑内障にかかっているということがわかりました。

*1 日本眼科学会より

緑内障は失明原因第一位

緑内障は失明原因第一位

 

上に戻る

 

緑内障の原因

まぶたの上からそっと目をさわるとわかるように、眼球は空気のつまったボールのように張りがあります。これは眼球の中の圧力(眼圧)が外よりも高く保たれているからです。眼の中には、房水(ぼうすい)といって、眼の組織に酸素や栄養を与えたり、眼の中のいらなくなった物質を運んだり、眼の形を保つ働きをしている透明な液体があります。おかげで、体を動かしても眼球の形が変わらず、きちんとものを見ることができます。

一般的な緑内障は、この眼圧が高くなることで眼の奥にある視神経(物を見るための特別な神経)が傷つき、視野が欠けていく病気です。

緑内障の原因

房水は、毛様体(もうようたい)で作られて瞳孔(どうこう)を通り、そのほとんどは隅角(ぐうかく)と呼ばれる場所にある排水口(線維柱帯(せんいちゅうたい))へと流れ、シュレム管から眼球の外の静脈へと吸収されていきます。また一部は隅角から毛様体の方へ流れ、吸収される経路もあります。

これらの流れが様々な理由で流れにくくなると、行き場所のなくなった房水が眼の中にたまり、眼圧が高くなります。

 

上に戻る

緑内障の見え方

緑内障は視野が狭くなるペースがとてもゆっくりであるため、初期の段階では、病気に気がつく人はほとんどいません。

両目はお互い補い合う性質があるため、かなり病気が進行しているのに症状に気が付かないことも多く、知らないうちに視野が欠け日常生活に支障をきたします。

これほどありふれている病気にもかかわらず、治療を受けている人がわずか1割程度で、残り9割の人は緑内障が未発見のまま放置されているのが現状なのです。

緑内障の見え方

緑内障の見え方

 

上に戻る

緑内障の種類

緑内障には、眼圧が高くなる原因に応じて種類があります。ここでは代表的な4種類について説明しますが、日本人は眼圧がそれほど高くないのに視野の障害が進む、「正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつ りょくないしょう)」というタイプが全体の約7割を占めるといわれており、注意が必要です。

1. 原発開放隅角緑内障(げんぱつ かいほう ぐうかく りょくないしょう)

10~15 年という長い時間をかけて少しずつ進行していきます。そのため、初期の状態ではなかなか気づきません。

また多くの方は、非常に悪くなるまで視野障害、頭痛や眼精疲労(がんせいひろう)などの自覚症状が乏しいため、発見が困難です。

房水の排泄路である線維柱帯(せんいちゅうたい)が目詰まりを起こすことで眼の中から房水が出て行きにくくなり、眼圧が上昇します。このうち眼圧が20mmHg以下の正常範囲にあっても視野障害が進行する緑内障が「正常眼圧緑内障」です。

原発開放隅角緑内障

2. 原発閉塞隅角緑内障(げんぱつ へいそく ぐうかく りょくないしょう)

房水を排泄する経路のひとつである隅角(ぐうかく)が狭くなり、房水が流れにくくなるため、眼圧が上昇します。

このタイプの緑内障で眼圧が急激に上昇するものを、「急性緑内障発作」といい、目が痛み、充血し、ものがかすんで見えるだけでなく、頭痛や吐き気をともなう急性の発作が起こり、処置が遅れると一夜にして失明してしまうこともある緑内障です。

原発開放隅角緑内障

3. 続発緑内障(ぞくはつ りょくないしょう)

もともと何か他に病気があり、それが原因で起こる緑内障です。
 

4. 発達緑内障(はったつ りょくないしょう) / 小児緑内障(しょうに りょくないしょう)

先天的に隅角などに異常があるタイプの緑内障です。眼圧が高いため、生まれた直後から眼球が大きくなる異常が起こることもあります。小児期に発症した病態に起因する緑内障です。

 

上に戻る

眼科で行う検査について

緑内障が進行する速度(失明に至る速さ)は、人によって異なります。緑内障の進行速度を把握することが重要であるため、かかりつけの眼科医で次の三つの検査を定期的に行い、治療計画を決めましょう。

1. 眼圧測定

眼の組織に栄養を運んだり老廃物を運び出す房水が眼にたまると、眼圧が高まり眼底にある視神経を圧迫して緑内障になる可能性があります。

眼圧(目の硬さ)を測るには、眼に直接測定器を当てて測る「接触式」と、眼に空気を当てて測る「非接触式」があります。非接触式が健康診断などでは一般的な検査方法ですが、空気が角膜にあたった際、目をつぶってしまうと再測定をすることがあります。正しく眼圧を計測するために、力まずに大きく目を見開き検査を受けましょう。

2. 眼底検査

視神経が圧力に強いか弱いかには個人差があります。眼圧は正常範囲なのに緑内障を発症する正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)は、視神経が圧力に弱くて正常な眼圧でも視神経を圧迫してしまうためではないかと考えられています。あるいは視神経に栄養を与える血液の循環が悪くなり、視神経が栄養不足になっているためではないかという説もあります。

このような緑内障は、眼圧の検査だけではわかりません。そのためカメラのフラッシュのように瞬間的に光をあてる眼底検査(がんていけんさ)で、目の奥の視神経の状態を見る必要があります。眼底には視神経が束になって脳へと続いている視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)という部分があり、中央付近に丸くくぼんだ箇所があります(乳頭陥凹)。この視神経乳頭には眼底の各部分から100万本くらいの神経線維が集まっていますが、この神経線維が、何らかの要因で減ってしまうとこのくぼみがだんだん大きくなります。そこで、人間ドックなどで、乳頭陥凹を指摘されて精密検査を指示されます。

3. 視野検査

視野検査法には動的視野計と静的視野計検査がありますが、最近は静的視野計が一般的です。静的視野計の検査は、片目ずつドーム状の視野計内に顔をのせて、視野内に配置された明るさを変化させた多数の点が見えたら手に持ったボタンを押して見える範囲や感度を調べます。これによって、緑内障の障害の程度を知ることが出来ます。

4. 画像検査(光干渉断層計 OCT:Optical Coherence Tomography)

器械の中の指標をまばたきしないように見つめさせて検査をします。網膜の断面図を見ることができ、視神経線維の層の厚さを測定することで、緑内障の早期診断に有用とされています。

 

上に戻る

緑内障の治療法

点眼薬(目薬)

緑内障の治療は、眼圧を下げることです。眼圧を下げるために、まずは点眼薬を使います。毎日きちんと点眼して眼圧を下げることによって、視神経の負担を減らし進行を止めたり、緩やかにすることができます。眼圧の高い緑内障でも、眼圧の正常な緑内障でも点眼薬の効果が認められています。

「眼圧を下げる」ことが「視野を守る」ことになります。治療前に設定された目標眼圧が達成できた人は、視野がある程度、維持されています。治療前に設定された目標眼圧が達成できなかった人は視野がかけていく障害が進んでいきます。

レーザー手術

主に閉塞隅角の緑内障の治療に使われます。
閉塞隅角緑内障の場合、虹彩の周辺にレーザーを照射することで小さな穴を開けて房水の通り道を作る方法と、広隅角緑内障に線維柱帯にレーザーを照射し房水を通りやすくする方法の 2 種類があります。

外科的手術

薬物療法やレーザー治療を行っても視野障害が進行してしまう場合には手術が行われます。

  1. 線維柱帯切開手術
  2. 線維柱帯切除手術
  3. 緑内障インプラント手術

外科的手術

線維柱帯を手術することで、房水を排出しやすくし眼圧を下げ視神経障害の進行を遅らせます。

 

上に戻る

40歳を過ぎたら一年に一度は眼科を受診しましょう

緑内障は、放置すると進行していく病気です。一度失われてしまった視野は、残念ながら元に戻りません。しかし早期に発見すれば、治療によって進行を遅らせることができます。昔のように、緑内障は必ず失明するという考えは古くなっています。

下記の緑内障のチェックリストをご覧になって、「もしかして?」とご心配な方は眼科医にご相談ください。

  • 高齢
  • 家族に緑内障の方がいる
  • 近視
  • 眼圧が高い
  • 糖尿病

最近、以下のようなことを感じる

  • 新聞が読みにくい
  • 目がつかれる
  • よく転ぶ、よくぶつかる
  • 視力が低下した
  • 老眼?

監修 : 東京医科歯科大学 名誉教授   所 敬 先生

PR20181107-005833 1811