Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

見える仕組みと屈折異常

目は、カメラと似た構造になっています。カメラでいうレンズの役割をする、「角膜」と「水晶体」で光を屈折させて目の中に取り込み、フィルムの役割をする「網膜」で映像を結び、それを信号にして脳に送ることで、“見る”という機能を果たしています。人が遠くを見たり、近くを見たりする際は、「毛様体筋」という筋肉が収縮・弛緩して水晶体の厚みを変えて屈折力を調節し、網膜上にピントを合わせています。調節をしない状態で遠くを見たとき、取り込んだ光が網膜上で結ばれる状態(ピントが合った状態)を「正視」といいます。いわゆる目が良い人の状態です。
正視以外の見え方の状態を屈折異常といい、「近視」「遠視」「乱視」があります。

「正視」と屈折異常の「近視」「遠視」「乱視」のピント調整


正視
遠くからの光が角膜や水晶体で屈折され、網膜で焦点を結ぶ目を正視といいます。メガネやコンタクトレンズを使用しなくても見える、正常な目です。


屈折異常の目

遠視
遠視の目は、遠くからの光が角膜や水晶体で屈折され、網膜の後ろで焦点を結びます。遠視は、眼軸長が短い目に多いです。


近視
近視の目は、遠くからの光が角膜や水晶体で屈折され、網膜の手前で焦点を結びます。近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が長い目に多く、成長過程において眼軸が伸びることで近視になることもありますが、遺伝的要素もあると言われています。


乱視
乱視の目は、フットボールのような目で、目の縦と横のカーブが違うため、外からの光がそれぞれのカーブで屈折され、2つの線(焦線)として結ばれます。先天性、加齢によるものが原因ですが、病的なもの(不正乱視)として、円錐角膜や白内障などの病気やケガによる角膜の傷などが原因の場合もあります。

屈折異常による、近視、遠視、正乱視は、メガネやコンタクトレンズ等で矯正するほか、オルソケラトロジーやレーシック、ICLといった手術もあります。未矯正のままだと、眼精疲労や症状を悪化させる場合もあります。また、2019年の調査*によると、裸眼視力が1.0未満の小中高校生が過去最多になるなど、近視人数の増大が指摘されています。見え方に不便を感じる場合は、早めに眼科を受診しましょう。

*文部科学省:「令和元年度学校保健統計」より

監修:東京医科歯科大学 名誉教授 所 敬 先生

JP-MYP-2000001