Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

ドライアイ

ドライアイをひと口で言うと「乾いた目」ということになります。テレビに始まり、最近はコンピューターやテレビゲームなど、画面を長時間見ることが多くなり、目の疲れを訴える人が多くなっています。その人たちを検査したところ、ドライアイは珍しい疾患ではないことが分かってきました。そのほか、長時間にわたって字や物を凝視する仕事の人たちにも多くみられます。涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することによって、目の表面をうるおす力が低下した状態をドライアイと呼びます。現在、日本では1000万人ものドライアイの患者さんがいるといわれています。

どんな病気?

どんな病気?

目の乾燥感が主な症状ですが、ゴロゴロ感、目の痛み、まぶしさ、目の疲れ、白目の充血などの症状が現れます。ドライアイは、いろいろな原因によって涙の量が少なくなったり、涙の働きが悪くなったりすることで、目の表面にある「涙液層」がくずれ、乾燥した目の表面部分に傷ができてしまう病気です。

なぜ起こるの?

涙は涙腺(るいせん)という組織から分泌され、目に供給されます。涙は目の表面をうるおして、まばたきの度に上下のまぶたの鼻側にある涙点(るいてん)とよばれる穴から流れ出ていきます。涙液はその後鼻の奥に流れていき、鼻の粘膜から再吸収されます。ドライアイは、目をうるおす働きをする涙があまり出なくなったり、涙の質が変化して目をうるおす力が弱くなることにより起こります。
ドライアイを引き起こす原因としては、次のようなことが挙げられます。

パソコンのモニターなどを見続ける

  • パソコンのモニターやテレビゲームの画面を長時間見つめ続ける。

乾燥した空気の部屋

  • 湿度が低い冬に部屋を閉め切り加湿器を使わずに暖房したり、エアコンをつけっぱなしにする。

加齢

  • 年を重ねると涙の分泌量が減り、質も低下します。とくに女性ではその傾向が強くなります。

ほかの病気によるもの

  • 糖尿病、慢性関節リウマチなどの膠原病、からだ全体が乾燥してくるシェーグレン症候群など。

内服薬

  • 血圧を下げる薬や精神疾患に使われる薬の一部には、涙の分泌量を減らす作用があります。

点眼薬

  • 目薬に含まれる防腐剤の一部が原因のひとつとなって目の表面に影響し、ドライアイが生じる場合があります。特に複数の目薬を使用しているときには注意が必要です。

ふだん気をつけることは?

目の保湿を心がけることが大切です。パソコン作業やテレビゲームは、しっかりと休みを入れ、長時間続けないようにしてください。部屋の湿度が低いときは、加湿器を利用しましょう。また寝不足もドライアイには良くないので、睡眠を充分にとりましょう。

ドライアイは、たいした病気ではないと思われ、軽視される風潮がありますが、ドライアイがきっかけになって重大な目の病気を招くことがあります。疲れ目、かすみ目、目の乾燥感、不快感、異物感、痛み、光を見るとまぶしい、目やにが出る、充血する、コンタクトレンズを入れると痛いなど、典型的なドライアイの症状がいくつか当てはまるようでしたら、眼科を受診してください。

治療方法は?

症状が軽ければ、涙に近い成分の目薬が処方されます。目の表面に傷があって違和感がある場合は、眼軟膏を使うこともあります。また、涙の成分の油分の分泌を促進するために瞼を温めたり、マッサージをしたりすることもあります。これで改善しないときは、涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の流出を止める治療法や涙の乾燥を防ぐための特殊な眼鏡をかける方法もあります。

監修:医療法人湘山会 眼科三宅病院 三宅謙作先生

PR20180822-005586 1808