Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

ストーリーズ

目によい食材で、瞳のエイジングケア

「アイケアランチ」レシピ

2016年 11月 4日

目に良い食材

老眼をはじめ、年齢とともに私たちの目には不調が出やすくなります。老化を止めることはできませんが、日頃から目に良いといわれる栄養素を積極的に摂取することで、そのスピードを緩やかにすることはできるかもしれません。下記の栄養素が一般的に目に良いといわれており、その多くが比較的手に入りやすい食材ですので、是非、からだの内側からもアイケアをしてみてください。

目によい食材で、瞳のエイジングケア ブロッコリー、モロヘイヤ、ほうれん草などの緑黄色野菜
網膜と水晶体に蓄積され、網膜の黄斑部を守ります。白内障のリスクを軽減し、疲れ目に効果があるといわれています。
目によい食材で、瞳のエイジングケア ブルーベリー、黒豆、赤ワイン、小豆など
ロドプシン(視物質)の合成をサポートします。抗酸化作用があり、老眼をはじめ、からだが老化するスピードを緩やかにする働きが期待できます。
ビタミンA 人参、かぼちゃ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜、うなぎ、ほたるいかなど (油脂と一緒に摂取すると吸収が良い)
目の粘膜を正常に保ち、目に潤いを与えます。ドライアイを予防する働きがあります。
ビタミンC グレープフルーツ、いちご、オレンジ、柿、レモン、キウィ(加熱するとビタミンC含有量は減少するので、生食が好ましい)、ジャガイモ(加熱してもビタミンCの含有量はあまり減りません)など
抗酸化作用があり、老眼をはじめ体が老化するスピードを緩やかにする働きがあります。
ビタミンE アボガド、ブロッコリー、ナッツ類など (油脂と一緒に摂取すると吸収が良い、ビタミンCを含む食材と組み合わせることにより抗酸化作用が強まる)
抗酸化作用があり、老眼をはじめ体が老化するスピードを緩やかにする働きがあります。血行促進効果も。

これらの目に良いと言われる食材を使用たメニューを、日本アルコンと虎ノ門ヒルズカフェで開発しました。2016年10月に虎ノ門ヒルズカフェで行われた「目の愛護デー」イベントでは、アイケアランチとして提供され大好評でした。レシピも公開していますので、是非、試してみてください。

レシピのダウンロードはこちら


ご紹介した目に良い食材だけでなく、季節ごとの旬な食材は栄養が豊富ですので、色々な食材を上手に組み合わせて、ご家庭でも楽しく・美味しくアイケアをしてみてください。

アイケアランチのメニュー