Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

麦粒腫(ものもらい)

まぶたの一部が赤くはれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は俗に「ものもらい」といわれる目の病気のひとつです。まぶたに硬いしこりができる霰粒腫(さんりゅうしゅ)も、ものもらいと呼ばれることがありますが、これは別の病気として区別されています。
ものもらいは、「めいぼ」、「めばちこ」、「めばち」、「めっぱち」、「めっぱ」、「のんめ」など、全国でいろいろな呼び方があります。

どんな病気?

はじめの症状は、まぶたの一部の赤いはれで、しばしばかゆみを感じることがあります。まばたきすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、まぶたが赤くはれるといった症状が出てくることもあります。そして次第に赤み、はれが強くなり、痛みを伴うようになってきます。症状が進むと、はれたところが自然に破れて膿(うみ)が出ることがあります。そのあと症状は回復に向かいます。炎症がおさまれば数日で治ります。

なぜ起こるの?

麦粒腫は細菌に感染することで起きる急性の化膿性炎症です。まぶたの外側の汗腺や、まつげの根元に感染したものを「外麦粒腫」、まぶたの内側の「マイボーム腺」の部分に感染したものを「内麦粒腫」と呼びます。麦粒腫を起こす細菌は特別なものではなく、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌など生活環境のどこにでもいる種類の細菌です。これらの細菌は、切り傷を化膿させたり、にきびを作ったりするだけでなく、健康な人ののどや鼻の穴、手などの皮膚、毛髪にも付いている「常在菌」と呼ばれる仲間です。
麦粒腫の原因は、このようにどこにでもいる細菌が、何らかのきっかけで炎症を起こしてしまう病気なので、特に他の人へ感染することについては神経質になる必要はありません。

ふだん気をつけることは?

細菌の数が多いと、少ない場合よりも感染が起こりやすくなります。したがって、目の周りをいつも清潔にしておくことが、麦粒腫だけでなくいろいろな目の病気の予防になります。洗顔のとき顔を拭くタオルは清潔なものを使い、手洗いを習慣にして、汚れた手で目をこすらないようにしてください。
コンタクトレンズをつけている人は、レンズをつねにクリーンな状態に維持し、雑菌が付かないようにする必要があります。使っているコンタクトレンズに合ったケア用の液を使い、毎日の「洗浄・すすぎ・消毒・保存」をしっかり続けます。とくに洗浄するときは“こすり洗い”で細菌や汚れをしっかり落としてください。 またレンズをつけたまま眠ることも避けていただく必要があります。コンタクトレンズは決められたとおりに使わないと、麦粒腫だけでなく、いろいろな目の病気やトラブルにつながってしまいます。

女性の場合は化粧の仕方によっても麦粒腫が起こりやすくなります。まつげの根元は細菌が住み着きやすい場所ですが、アイラインを濃くひくと、余計に細菌の住み着く場所を提供してしまうことになります。メイクを落とすときは蒸しタオルなどを活用し、アイラインやマスカラなどが付いた部分もやさしく、しっかりと落としてください。
どこにでもいる細菌の感染を受けるのは、からだの抵抗力が弱まっているときが多いので、普段からの睡眠時間など健康管理にも気を配りましょう。

治療方法は?

原因となる細菌に抗菌作用のある抗菌剤の点眼や軟膏、抗菌剤の内服がおもな治療法です。 また化膿が進んでしまった場合は、切開して膿を出すこともあります。治療期間中はコンタクトレンズを使わないようにします。

監修:医療法人湘山会 眼科三宅病院 三宅謙作先生

PR20180822-005586 1808