Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

ウイルス性結膜炎

「はやり目」や「プール熱」などは、ウイルスの感染によって起こる昔からポピュラーな目の病気です。これらは主にウイルスの感染によって起こります。ウイルスは細菌とちがって、他の生物の細胞を借りなければ増殖できませんので、充分な栄養と休息をとり、ウイルスにつけこまれないように強い体づくりをすることが大切です。

どんな病気?

結膜に炎症が起こって充血やかゆみ、涙や目やになどの症状を起こすのが「結膜炎」です。このうちウイルスによる感染が原因で起こるのがウイルス性結膜炎です。アデノウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルス、ヘルペスウイルスなどのウイルスによるものが多く、ヘルペスウイルス以外は他の人に感染しやすいので、家庭内感染や学校内の集団感染などが起こることもあります。

なぜ起こるの?

ウイルス性結膜炎には、いくつかのタイプがありますが、ここでは代表的な4つのタイプについて説明します。

1. 流行性角結膜炎

昔から「はやり目」と呼ばれる、アデノウイルスが原因の結膜炎です。白目が充血し、涙や目やにが多く出て、まぶしさを感じます。目が痛くなることもありますが、かゆみはほとんどありません。また、耳の前にあるリンパ節が腫れることがあります。感染してから約1週間で発症し、発症後1週間くらいにピークを迎え、その後、次第に良くなります。後遺症として約1週間後に角膜に白い斑点が現れる角膜上皮下混濁(かくまく じょうひか こんだく)が起こることがあるので注意が必要です。

2. 咽頭結膜熱

小児に多く見られ、「プール熱」と呼ばれ、アデノウイルスの感染によって起こりますが、流行性角結膜炎とはウイルスのタイプが違います。突然39度くらいの高熱が出て、のどが腫れ、目が充血したり、目やにが出るなど、結膜炎の症状が出ます。悪化すると肺炎になることもあるので、注意が必要です。感染してからの経過は、流行性角結膜炎とほぼ同じです。

3. 急性出血性結膜炎

症状は急性で、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染によって起こります。目が痛くなったり、目やにが多くなり、白目に出血が見られることもあります。ひどくなると角膜(黒目の部分)に小さな傷ができることがあります。感染した翌日くらいから発症し、1週間くらいで良くなってきます。

4. ヘルペス性結膜炎

ウイルス結膜炎の一種ですが、あまり他人にうつることはありません。ヘルペスウイルスが原因で、症状としては白目が充血したり、目やにが多く出たりするのに加え、目の周囲の皮膚面に、赤く小さな水胞が出ることがよくあります。角膜ヘルペスを合併することもあります。

ふだん気をつけることは?

ウイルス結膜炎は、目をこすった手やハンカチ、タオルなどから感染することがあります。目に何らかの異常がある場合には家族であってもタオルなどを共用せず、手洗いをまめに行うことが効果的です。感染性結膜炎にかかってしまったら、家族など周りの人にうつさないように気をつけることも重要です。 感染するのは、流行性角結膜炎や咽頭結膜熱では発症後約1~2週間、急性出血性結膜炎では3~4日です。学校保健法では、流行性角結膜炎と急性出血性結膜炎は感染力がなくなったと医師が判断するまで、咽頭結膜熱は主な症状が消えたあと2日を経過するまで登校を禁止することと規定されています。

治療方法は?

ヘルペス性結膜炎では、ヘルペスウイルスに対して効果がある軟膏を目に塗ります。また抗ウイルス薬を飲むこともあります。しかし、そのほかのウイルスには、現在のところ有効な薬剤は見つかっていません。炎症をおさえたり、別の細菌が二次的に感染するのを防いだりするために抗菌剤の目薬を使うこともあります。流行性角結膜炎の後遺症である角膜上皮下混濁を予防するために、ステロイド点眼が使われることがあります。

コンタクトレンズはどうすればいい?

コンタクトレンズ装用者はプールに入る時は、途中でずれたり、外れたりする場合があるので、コンタクトレンズは外しましょう。またプールから上がったら、プールの消毒液が目に残っているかもしれないので、しっかりと目を洗って少し時間をおいてからコンタクトレンズを装用してください。
少しでも目に異常を感じたらコンタクトレンズは外して、眼科医を受診しましょう。

 

監修:東京医科歯科大学 名誉教授 所 敬先生

JP-CORP-1900002

アルコン ストーリーズ

目の愛護デー 2019

目の愛護デー 2019

眼科の名医・所先生が伝授!有近(アルコン)家と学ぶ5つの目の見え方と病気
~子どもの近視から白内障まで~

白内障手術体験「キッズワークショップ」2018

医療現場と同じ機器を使い、心に残る体験学習を

子どもとデジタル眼精疲労

デジタル機器が子どもの目に与える影響