Go to main content. Press Shift+? for keyboard-shortcuts.

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎の症状と原因

花粉症のようなアレルギー性疾患にかかると、くしゃみや鼻水などの症状のほか、目にもかゆみや充血などの症状が現れることがよくあります。もし、アレルギー性結膜炎と思われる症状が出てきたら、眼科専門の診断を受け、しっかりと治療する必要があります。

アレルギー性結膜炎
結膜は3つの結膜で構成されています。上下のまぶたの裏側にある瞼結膜、白目の表面をおおっている半透明の球結膜、そして瞼結膜と球結膜を連結する円蓋部結膜です。ここに炎症が起こって充血、かゆみ、涙や目やにが出てくるといった症状を起こすのが「結膜炎」です。結膜炎の原因としては、ウイルスや細菌による感染もありますが、外から入ってくる異物に対して、体が過剰に反応するアレルギーによって起こることがあり、これを「アレルギー性結膜炎」といいます。アレルギー性結膜炎にならないようにするには、アレルギーの原因物質(アレルゲン)に接触しないように日常生活を工夫する必要があります。

あなたのアレルギー性結膜炎はどちらのタイプ?

アレルギー性結膜炎には、ある季節に限定して「目のかゆみ」や「充血」などの症状が見られる季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)と、季節に関係なく症状がみられる通年性アレルギー性結膜炎という2つのタイプがあります。

1. 季節性アレルギー性結膜炎
1 年の特定の時期だけに、ある決まった植物の花粉が原因となって発症します。 日本では2月~5月に多く飛散するスギやヒノキの花粉が主な原因です。日本眼科学会によると、アレルギー性結膜炎の患者さんは推計約 2,000 万人いるとされ、その約 85%は花粉が原因と言われています。

1日の中でも13時~15時頃は花粉が多く飛散しやすい時間帯だと言われています。しかし環境省の花粉観測システムの調査によると、通勤時間となる朝の時間帯の飛散率も比較的高いので、出勤時はめがねをし、出社後にコンタクトレンズをするのも良いかもしれません。ただし地域や天候、日によって変わりますので、気象情報をマメに確認して外出する最適な時間帯をみつけましょう。

2. 通年性アレルギー性結膜炎
1 年を通して、ほこりなどの中にあるハウスダストやダニが主な要因となって発症します。イヌやネコの抜け毛やフケ、カビもアレルギーの原因になる場合があります。

アレルギー性結膜炎における日常生活の注意点

1. 季節性アレルギー性結膜炎

花粉情報を有効に活用しましょう。花粉が多く飛散する日は、できるかぎり外出を控え、どうしても外出しなければならない時は、マスクや花粉防止用のメガネなどでしっかり防御して出かけましょう。マスクは肌との隙間を作らないように密着させて装着するのがコツです。メガネは花粉症対策用のフチが付いた、ゴーグルタイプが効果的です。衣類は、花粉がくっつきやすいウール地のものは避け、ナイロン地のコートなどは花粉が滑り落ちやすいため、オススメです。 帰宅時には家に入る前に、外で衣類の表面を手で払うようにしましょう。手洗い、うがいも大切です。室内では空気清浄機の使用や、洗濯物の室内干しを推奨します。また体の調子を整えるために、 規則正しい生活習慣とバランスのよい食事を心がけましょう 。

● コンタクトレンズを装用している方
コンタクトレンズを使用していると花粉症の症状がひどくなる傾向がありますが、その原因はレンズの汚れにあります。目の潤いを保つ涙液(るいえき=なみだ)の中には、タンパク質や脂質などが含まれており、それらがコンタクトレンズに付着すると、やがてレンズ汚れとなります。タンパク質や脂質には吸着性があるため、空気中に浮遊している花粉や微生物を目に引き付けやすくしてしまうのです。

さらに、花粉症によるかゆみで目をこすってしまうことにより、目の粘膜が傷つき、細菌による感染症を起こしてしまう危険性が高くなります。充血やアレルギー性結膜炎をさらに悪化させてしまう恐れもあるため、花粉が飛ぶ季節には、いつも以上にコンタクトレンズを清潔に保つことが大切です。そのため、毎日新しいレンズに取り替えることで、レンズの汚れを軽減し清潔に使い続けられる、1 日使い捨てコンタクトレンズ(ワンデー)が花粉の季節には最適と言えます。1 日使い捨てレンズ以外を使用している場合は、毎日きっちりレンズの汚れを落とすことがポイントになりますので、改めて洗浄方法を見直してみましょう。

2. 通年性アレルギー性結膜炎

通年性アレルギー性結膜炎の場合は、アレルギーの原因(アレルゲン)を寄せ付けないようにするため、室内環境の整備も重要です。また、免疫機能が低下すると症状を増悪させる恐れがあるため、生活習慣を見直し、ストレスをためない生活をするなどして免疫機能を正常に維持するよう努めることが大切です。

● 室内環境の整備:ダニ対策

室内の清掃

  • 毎日掃除機をかける
  • 掃除機はゆっくりと丁寧にかける(1 畳 1 分が目安)
  • 掃除機の中に溜まったゴミは頻繁に捨てる

寝具

  • 天日や布団乾燥機を使い布団を干し、さらに掃除機をかけてダニを除去する
  • 防ダニ加工が施されている寝具やカバーでも、マメに洗濯する

装飾品

  • 畳、じゅうたん、カーテン、ソファ、ぬいぐるみ、観葉植物、照明器具など、ほこりの溜まりやすい環境を減らす
  • フローリングの床はほこりが溜まりやすいので、床にあまり荷物を置かないようにする
  • フローリングのハウスダストを減らす方法は、拭き掃除が有効

通気と除湿

  • たんすやクローゼットなどの収納場所は、通気や除湿を心がける
  • 布団乾燥機などを使って、寝具の除湿、乾燥を行う

室内でのペットの飼育

  • アレルギー検査でダニやペットがアレルゲンと特定された場合は、室内でのペット飼育をやめる

● 生活習慣の見直し

アルコール

  • アレルギーの症状を悪化させるため、症状がある時はアルコール摂取を控える

睡眠

  • 十分な睡眠をとるように心がける

過労やストレス

  • 過労やストレスを避けるようにする
  • ストレスを発散する方法を見つける

便通

  • 適度に運動を行い、食物繊維を摂るなどバランスの良い食生活を心がけ、便秘にならないようにする

プールでの感染について

アレルギー性結膜炎は、他人からうつされたり、他人へうつすことはありません。そのためプールでの感染はないため、入ることは可能です。ただし塩素は目に刺激が強いため、プールに入るのをしばらく避けるか、ゴーグルなどを着用して入りましょう。プール後は、カルキの入っている水道水より、防腐剤の入っていない人工涙液で目を洗い流しましょう。

目のかゆみを和らげる方法

目がかゆいからといって、こすったり、たたいたりすると、目を傷つけてしまいアレルギー性結膜炎とは異なる網膜剥離や白内障などの病気になってしまう可能性があります。目がかゆくなってしまっても、とにかくこすらないことが大切です。

  • 冷たいタオルで目を冷やす
  • タオルを巻いた保冷剤で目を冷やす
  • 点眼薬を使用する前に、人工涙液などで抗原を洗い流す(1 回使い切りタイプの点眼薬は液が残っていても開封したら捨てる。防腐剤の入った人工涙液は避ける)
  • 水道水での洗眼は避ける(塩素による刺激を避ける)

早めに眼科専門医を受診しましょう

アレルギーの原因物質を調べる方法としては、皮膚をこすって原因の候補となる物質からの抽出液をのせ、その部分が赤くなるかを見る「スクラッチテスト」や、血液の中にアレルギー反応を起こす物質があるか調べる血液検査などがあります。また最近では涙液を調べることでアレルギー性結膜炎の診断が簡単に出来るようになっています。アレルギーの原因は人によって異なるため、検査を受けて自分のアレルゲンを知っておくことが大切です。 花粉が飛び始めたら症状を軽減させるためにも、早めに眼科専門医を受診しましょう。

アレルギー性結膜炎の治療で、主に使用する点眼薬

  1. メディエーター遊離抑制薬(ゆうりよくせいやく)
    肥満細胞からアレルギー症状を起こすヒスタミンなどの物質(メディエーター)が出ないようにします。
  2. ヒスタミン H1 受容体拮抗薬(じゅようたいきっこうやく)
    アレルギー症状を起こすヒスタミンが、血管や神経にある受容体に結合しないようにし、目のかゆみや、充血などの症状が出ないようにします。
  3. ステロイド薬
    1 と 2 の点眼薬で効果が見られない時や、症状が重い場合に使用します。副作用の可能性があるので、必ず眼科専門医の指示を守って点眼し、使用期間中は定期的に眼科専門医を受診しましょう。
    *1 剤で 1 と 2 の両方の働きをする点眼薬もあります。

点眼薬を使う時の注意点

点眼薬は眼科専門医の指示通りに使用しましょう。また、以前に処方された点眼薬や、他人が処方された点眼薬の使用は絶対に避けてください。

  • 2 種類以上の点眼薬を使用するときは、5 分くらいの間隔をあけて点眼する
  • 点眼薬のボトルの先端が、眼やまつげに触れないようにする
  • 症状が改善されない場合は、眼科専門医に相談する
  • 点眼回数を守る
  • 症状がなくなっても、花粉の飛散期間中は点眼を続ける

 

監修 : 東京医科歯科大学 名誉教授   所 敬 先生

PR20190322-006153